大切な家族が安心して長く暮らせる家。確かな技術で大切な家族をしっかり守ります。

LIXIL住宅研究所「アイフルホーム」ヒロ総合ハウジング

テクノロジー(大切な家族が安心して長く暮らせる家。確かな技術で大切な家族をしっかり守ります。

地震に強い『グランドスクラム工法』

家族を守る地震に強い家

地震に強い家を建てる8つのポイント

1、地盤調査(強い地盤に建てる)

家を支えるのは地盤です。目に見えない地耐力をしることから家づくりを始めます。

着工前に必ず地盤調査を行い、地盤の支持力を確認します。

間取りや構造全体の荷重のバランス等に応じて鉄筋の寸法・間隔・数量等を決定し基礎設計を行います。

2、基礎計画(強い基礎で建てる)

敷地の地耐力に応じ、最適な基礎をご提案します。

地震に強い基礎計画をご提案します。

基礎計画改良工事例

3、オール集成材(強い構造をつくる)

建てた後の性能をずっと維持するために、強く曲がりにくく、長持ちする、集成材を使って安全な構造をつくります。

柱・梁・土台などの主な構造材は「オール集成材」で、経年による寸法変化、ゆがみや反りがほとんどなく、木の欠点とされる大きな節や割れをと取り除き、安定した制度を長く維持できる集成材を採用しました。

構造用集成材と梁

集成材と一般製材の強度比較(木より強い木「集成材」)

鉛直荷重の比較(柱材)座屈郷土

曲げ性能の比較(梁材)